格差社会を考えるホーム

コンテンツ

 

『格差社会を考える』では、格差社会の現状や問題点について記載しているサイトです。格差社会に対する考え方は人それぞれなので、一つの意見として受け止めていただければ幸いであります。

格差社会とはどのようなものなのか?それは生まれた家庭で格差が生じるものであります。貧乏な家に生まれた子供は大人になっても貧乏になる可能性が高く、お金持ちの家に生まれた子供は遺産相続などでお金持ちになりやすいのです。これが格差社会の一例であります。

人間は誰しも平等であります。しかし環境は平等ではありません。生まれた家によって境遇が大きく左右されてしまうのはよくあることです。お金がないせいで満足な教育を受けることのできない例も存在します。お金のあるなしによって人生が左右されてしまうのはおかしいと断言する人もいらっしゃいます。

格差社会はお金持ちが一部であり、ほとんどの人が貧乏として成り立っております。ピラミッド経済という言葉がありますが、ピラミットの頂点に立っているのは一部のお金持ちだけなのです。ピラミッドの最下層の人たちは貧乏な人です。最下層の人がとても多いのが問題となっております。

お金があればまともな教育を受けることが可能になります。盗みや窃盗を働いてしまうのはお金がないのが原因かもしれません。正しい教育を受けさせれば犯罪に手を染めることは無くなると、主張する人もいらっしゃいますが正しい教育を受けるのにもお金はかかるのです。高レベルな教育環境を用意するためにはお金持ちでなければいけません。貧乏な家に生まれてしまった子供は教育環境も悪いのです。

格差社会は最下層から抜け出すことが難しくなってしまいます。貧乏な家に生まれた子供がお金持ちになった例も存在します。しかし大多数の人間は負のスパイラルから逃れられないままなのです。これは家庭がいけないのか社会が悪いのかは分かりません。格差社会について考えていきましょう。